穂高岳登山(9)
上高地から岳沢、過酷な重太郎新道、そして吊尾根と前穂、奥穂高へ




【本文関連情報




穂高岳登山各頁へリンクします)
. はじめに 5 岳沢ヒュッテ 10 下山者 15 迷路の前穂 20 単独女性登山者
1 出発 6 岳沢の山小屋 11 水分補給 16 前穂高岳頂上 21 難路・吊尾根
2 上高地→岳沢 7 重太郎新道へ 12 過酷;重太郎新道 17 前穂・北尾根 22 疲労困憊
3 岳沢の河原 8 今田重太郎氏 13 クサリ場 18 同行者 23 南稜の頭
4 岳沢カール 9 カモシカの立場 14 紀美子平 19 吊尾根へ 24 奥穂高岳頂上
穂高岳    穂高岳10へ       山行記録    旅と山旅    関東百名山    日本百名山  

(標題はブログにリンクします)



 穂高岳登山(9) 「重太郎新道;カモシカの立場」 




 カモシカの立場:dh21


 「カモシカの立場」よりの奥穂方面の展望:dh22



この時期になって、遂に頬に冷たいものが当たりはじまった。 

雨だ・・!!
無常なもので、悪い所でやってきたもんである。

ハシゴを終わって一登りしたところで、或るピークに着いた。 
今にも朽ちそうな看板が立っていて、「カモシカの止まり場」(カモシカの立場)と記してあった。 

カモシカもこれ以上は進めなかったので、その名が付いたのだろうか・・?。
もしかしたら、今田重太郎氏は、ここまでカモシカを追ってきて遂にこれを捕らえたのだろうか・・?!。


【本文関連情報




因みに、後で調べてみたことだが岳沢ヒュッテから紀美子平(前穂の山腹:吊尾根部)までの距離は約2370mとあり、カモシカの立場は距離的には重太郎新道の中間地点に当たるらしい。 

但し、高低差は重太郎新道のみだと凡そ740mあり・・!、 基点からカモシカの立場までは、まだ340mしか稼いでないので、残りの距離で高低差400mを稼がなければならない。
つまり、カモシカの立場から紀美子平までの区間が、尚、相当キツイ勾配という事になる。

従って、カモシカの立場までは体力的にも余力を充分残し、これは想像してより楽勝に行けるのではないか・・?と甘い考えを持つことは禁物であろう。

更に、恐らく勾配が更にキツイなる上に、標高が2500m以上にもなので空気がやや薄くなり、疲労度にも影響してくるのである。

いずれにしても、ここから1100mの距離を標高にして400mもあるので、実際の勝負はこれからである。 



小さな尾根の向こう側から、冷たい風雨が吹き上げてくる。

今では想像するしか仕方がないが、この辺りは奥穂高から延びている吊尾根の大岩壁が、間のあたりに眺められ筈である。 
全く残念である。

このことは、ほぼ10年前に「槍・穂高縦走」( http://orimasa.kan-suke.com/index.htm )
を試み、この岳沢・重太郎新道を下った当時の記憶でもある。


時計を見ると10時半を回っていた。 
岳沢ヒュッテから1時間少々で、ほぼ地図上の歩行時間と合っているようである。

次回へ続く・・、   穂高岳10へ



尚、写真掲載の大部は、「和田様」の御提供によるものです。
和田氏ホームページへ  
http://www.tok2.com/home/pokopoko110/newpage172.html



        

【本文関連情報

穂高岳    穂高岳10へ       山行記録    旅と山旅    関東百名山   日本百名山

【小生の旅のリンク集】
旅の紀行・記録集
山の紀行・記録集 山のエッセイ
「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (別URLです)

【日本の世界遺産紀行】 
北海道・知床  
白神山地 
紀伊山地の霊場と参詣道 
安芸の宮島・厳島神社  
石見銀山遺跡とその文化的景観 

ハワイ旅行2007
九州旅行2008
沖縄旅行2008
北海道道北旅行
北海道旅行2005
南紀旅行2002

鎌倉・湘南紀行


「山行リスト」 

立山、剣(天の記)(1971年)
白馬連峰登頂記(2004・8月)
北ア・槍−穂高(1968年)
上高地-岳沢-穂高(1979年)
上高地・明神(2008年)
南ア・北岳(1969年)
八ヶ岳(1966年)
八ヶ岳越年登山(1969年)
谷川岳(1967年)
丹沢山(1969年)
西丹沢・大室山(1969年)
西丹沢・檜洞丸(1970年)
丹沢、山迷記(1970年)
奥秩父・金峰山(1972年)
「上高地雑感」
「上越国境・谷川岳」
「丹沢山塊」
「大菩薩峠」
 


スキーの記録  
「スキー履歴」




inserted by FC2 system