穂高岳登山(8)
上高地から岳沢、過酷な重太郎新道、そして吊尾根と前穂、奥穂高へ




【本文関連情報




穂高岳登山各頁へリンクします)
. はじめに 5 岳沢ヒュッテ 10 下山者 15 迷路の前穂 20 単独女性登山者
1 出発 6 岳沢の山小屋 11 水分補給 16 前穂高岳頂上 21 難路・吊尾根
2 上高地→岳沢 7 重太郎新道へ 12 過酷;重太郎新道 17 前穂・北尾根 22 疲労困憊
3 岳沢の河原 8 今田重太郎氏 13 クサリ場 18 同行者 23 南稜の頭
4 岳沢カール 9 カモシカの立場 14 紀美子平 19 吊尾根へ 24 奥穂高岳頂上
穂高岳    穂高岳9へ       山行記録    旅と山旅    関東百名山    日本百名山  

(標題はブログにリンクします)


穂高岳登山(8) 「今田重太郎氏」 



それにしても、よくもまあこの断崖絶壁のような岩稜地帯に登山ルートを付けたもんである。

このルートを「重太郎新道」と呼んでいる。

今は穂高岳山荘の主人・今田重太郎氏がこのルート直下でカモシカを見つけ、追っているうちに見逃してしまった。 
だが、途中でカモシカの糞を発見、この糞を探しながら登っているうちに、“もしかしたらこの場所は人間が通れるかもしれない”と気がついたという。 

何とか整備すれば山道として、もっと楽に登り、降りが可能かもしれないと思いつき、
これを実行に移して出来上がったのがこの登山ルート・“重太郎新道”であったという。 




在りし日の「今田重太郎氏」(穂高岳山荘提供):dh18


今田重太郎」氏は穂高に生涯をささげ、「穂高の名ガイド」と呼ばれた男であり、標高2,996mの奥穂高岳山頂直下に建つ「穂高岳山荘」の礎を築いた人物である。

その生涯を通して登山客の命を守り、登山客が安全に体を休めて英気を養える快適な山小屋造り、 登山に慣れない女性・子供でも安全に通れる登山道造りを目指した。
そして、穂高周辺に新に登山ルートを開拓し、そこで出来上がったのが穂高の中枢に建つ山小屋・「穂高岳山荘」であった。



今田英雄氏(今田重太郎氏の甥で穂高岳山荘2代目当主、紀美子氏の実兄)は重太郎氏のことを、「人の倍力があって、人の3倍仕事をする。何かやろうとしたら、ものすごい情熱を持ってやりとげる人でした」と語っている。



二本脚と4本脚を交互に繰り返しているうちにクサリ場に到った。 
一枚岩の上にダランとしたクサリで、頼りなげである。 

鎖を突っ張りながら一枚岩の上を滑らないように慎重に這いずる。
多少、疲れが出ているのだろう、なかなか軽々とはいかないようで、おまけに岩は夜露に濡れている。


気が付けば、辺りはすっかり閉ざされていて、黒い霧の中をさまようようになっていた。 
先刻まで見えてい岳沢ヒュッテや上高地は既に闇の中に消えていた。 
それどころか今は全く視界0の状態になっている。

尤も、先刻まで山麓から山頂部を眺めると黒雲が覆っていたのが、今は高度を上げていて、いつしか雲塊、濃い霧の中に突入したのかもしれない。


【本文関連情報





急峻な岩場の登りルート:dh20



垂直に近い岩場に取付けられた鎖とハシゴ:dh19


鎖場を過ぎると、今度は梯子(はしご)である。 
岩の壁を二つのはしごが繋いでいる。

鉄製の梯子はかなり頑丈に取り付けてあり、この悪険路での工作を施した今田重太郎氏、或るいはその仲間たちの労苦が偲ばれるし、心から感謝する次第である。

次回、「重太郎新道・カモシカ・・、」




次回へ・・、  穂高岳9へ 


尚、写真掲載の大部は、「和田様」の御提供によるものです。
和田氏ホームページへ  
http://www.tok2.com/home/pokopoko110/newpage172.html



        

【本文関連情報

穂高岳    穂高岳9へ       山行記録    旅と山旅    関東百名山   日本百名山

【小生の旅のリンク集】
旅の紀行・記録集
山の紀行・記録集 山のエッセイ
「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (別URLです)

【日本の世界遺産紀行】 
北海道・知床  
白神山地 
紀伊山地の霊場と参詣道 
安芸の宮島・厳島神社  
石見銀山遺跡とその文化的景観 

ハワイ旅行2007
九州旅行2008
沖縄旅行2008
北海道道北旅行
北海道旅行2005
南紀旅行2002

鎌倉・湘南紀行


「山行リスト」 

立山、剣(天の記)(1971年)
白馬連峰登頂記(2004・8月)
北ア・槍−穂高(1968年)
上高地-岳沢-穂高(1979年)
上高地・明神(2008年)
南ア・北岳(1969年)
八ヶ岳(1966年)
八ヶ岳越年登山(1969年)
谷川岳(1967年)
丹沢山(1969年)
西丹沢・大室山(1969年)
西丹沢・檜洞丸(1970年)
丹沢、山迷記(1970年)
奥秩父・金峰山(1972年)
「上高地雑感」
「上越国境・谷川岳」
「丹沢山塊」
「大菩薩峠」
 


スキーの記録  
「スキー履歴」




inserted by FC2 system