穂高岳登山(13)
上高地から岳沢、過酷な重太郎新道、そして吊尾根と前穂、奥穂高へ


5月初旬の上高地よ穂高連峰
2008年:上高地・明神


【本文関連情報




穂高岳登山各頁へリンクします)
. はじめに 5 岳沢ヒュッテ 10 下山者 15 迷路の前穂 20 単独女性登山者
1 出発 6 岳沢の山小屋 11 水分補給 16 前穂高岳頂上 21 難路・吊尾根
2 上高地→岳沢 7 重太郎新道へ 12 過酷;重太郎新道 17 前穂・北尾根 22 疲労困憊
3 岳沢の河原 8 今田重太郎氏 13 クサリ場 18 同行者 23 南稜の頭
4 岳沢カール 9 カモシカの立場 14 紀美子平 19 吊尾根へ 24 奥穂高岳頂上
穂高岳    穂高岳14へ       山行記録    旅と山旅    関東百名山    日本百名山  

(標題はブログにリンクします)


穂高岳登山(13) 「重太郎新道;クサリ場」  
(画像の大部分は和田氏提供による、現地イメージ写真です)


確かに、この頃から下山の人達が目立つようになった。 
やはり、このルート・重太郎新道は下山向きのルートが一般的らしい。

上部へ到達するに従って、勾配、斜面も相当にきつくなっているようで、アルバイトが一段と強いられる。 
時間的にも、そろそろ稜線に出てもよさそうであるが・・?、


下山中の登山者におもわず声を掛ける・・、

「あのー、吊尾根稜線はまだかかるようですか・・?」、

「ああ、もうすぐですよ。 ただこの先、急なクサリ場が有りますので・・!」と色よい返事が返してきた。




梯子の登り(紀美子平近し):dh29



その言葉を信じて、やや力を得て前進する。 

暫らくすると、小さな岩尾根のピークに達した。 
この後、彼が言っていたクサリではなく、先ず、ハシゴが現れた。 
それも、当然の上りと思いきや、チョッとした下りにハシゴが架かっていたのだ。


この場所を難なくクリアすると次に、凹みの場から、やはりと言うかクサリ場が現れた。 
見上げるような、殆ど垂直と言っていいほどの岩礫帯で、しかも三連続けて延びているようだ。 


【本文関連情報





紀美子平下部の最初の三連鎖:dh30



紀美子平下部の最後の三連鎖(上方から望む垂直の壁):dh31



滑りやすい岩場のスタンスを確保して、クサリをしっかり握りしめ、注意しながら攀じる。 
疲れた身体に鞭をうちながら、バランスよく登ってゆく。

辺りを覗うと、岩場には他にも薄っすらと踏み跡が付いていて、必ずしもクサリを掴まなくても四つん這いの三点確保で上れないことはないようだ。 

この鎖はどちらかといえば降り用と思えなくもない。 
岩場の下りは、登りよりも危険であることは山家の常識でもある。

尤も、普通のクサリ場を攀じる、叉は、降りる時は腕力に頼って体重を掛けるのでは無く、あくまでも主体は脚部のスタンス(足場のスペース)であり、腕は補助的なものとして扱ったほうが良いのであるが・・!。


下山中の数人の登山者が上で待機していたようで、小生の苦闘する姿を見てか・・、

「お疲れさんです」と声を掛けてくれた。 

「いや、どうも」と小生も会釈しながら礼を返す。

他人同士でありながら、ほんチョイの気遣いが心と身体を和ませてくれる。 
これも山歩きの良さの一つであろう。


三連鎖を上り終えて、ほんのチョイといったところで、小さな平坦地に着いた。
そこには今にも朽ちそうな道標があって、三方向を記している。(今は立派な指導票が立っている)

続く・・、  穂高岳14へ


尚、写真掲載の大部は、「和田様」の御提供によるものです。
和田氏ホームページへ  
http://www.tok2.com/home/pokopoko110/newpage172.html



        

【本文関連情報

穂高岳    穂高岳14へ       山行記録    旅と山旅    関東百名山   日本百名山

【小生の旅のリンク集】
旅の紀行・記録集
山の紀行・記録集 山のエッセイ
「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (別URLです)

【日本の世界遺産紀行】 
北海道・知床  
白神山地 
紀伊山地の霊場と参詣道 
安芸の宮島・厳島神社  
石見銀山遺跡とその文化的景観 

ハワイ旅行2007
九州旅行2008
沖縄旅行2008
北海道道北旅行
北海道旅行2005
南紀旅行2002

鎌倉・湘南紀行


「山行リスト」 

立山、剣(天の記)(1971年)
白馬連峰登頂記(2004・8月)
北ア・槍−穂高(1968年)
上高地-岳沢-穂高(1979年)
上高地・明神(2008年)
南ア・北岳(1969年)
八ヶ岳(1966年)
八ヶ岳越年登山(1969年)
谷川岳(1967年)
丹沢山(1969年)
西丹沢・大室山(1969年)
西丹沢・檜洞丸(1970年)
丹沢、山迷記(1970年)
奥秩父・金峰山(1972年)
「上高地雑感」
「上越国境・谷川岳」
「丹沢山塊」
「大菩薩峠」
 


スキーの記録  
「スキー履歴」




inserted by FC2 system